空き家管理代行サービスとは?

空き家管理代行サービスをご存知でしょうか?オーナー様に代わって空き家を管理するサービスで、ここ数年の間に利用者が急増しています。 その背景には、2015年2月26日に空き家対策特別措置法が施行され空き家を放置しておくと様々な罰則を受ける可能性がでてきたことがあります。 地方自治体は、空き家のオーナーに指導・勧告・命令が可能となり、最悪の場合は、解体や除去など強制執行を行います。

現在、空き家数は820万戸を超え、放置された空き家が様々な問題を引き起こしています。「人が住んでいない家をどうして管理する必要があるの?」と 思われるかも知れませんが、人が住んでいることが自然のメンテナンスなっています。逆に人が住んでいない家屋は、老朽化が進み様々な問題を引き越します。 特に地域住民の生活環境を脅かす問題は以下の通りです。

【1】空き家の老朽化が進み地震や台風など災害による倒壊の可能性がある。
【2】空き家は監視の目が緩く、犯罪者の隠れ家や取引の場所にされる可能性がある。
【3】動物や虫が住み着いて匂いや鳴き声で近所に迷惑をかける。
【4】樹木や雑草など庭木が近所の敷地まで伸びて迷惑をかける。
【5】ゴミが捨てられて景観および衛生上の問題が発生する。

このような問題だけではありません。建物の老朽化が進むと、水漏れや雨漏りなど水回りの問題や外装や外壁など崩壊の問題もあります。 さらに定期的に建物の通気や喚起も必要ですし、郵便物が溜まったり、ゴミが溜まったり清掃が必要な場合もあります。 自治体から「特定空き家」に認定されて命令に従わないと行政が強制的に撤去し、かかった費用を物件の持ち主に請求できるのです。

空き家を放置すると「特定空き家」に認定されてしまいます。だからと言って解体して更地にすると優遇税制も廃止されているので 固定資産税が6倍に跳ね上がります。このような背景から人が住んでいない空き家を管理するために 空き家管理代行サービスの利用者が増えているという訳です。 放置したままの空き家が心配な方は空き家管理代行サービスをお試しください。

詳しくはコチラから

詳しくはコチラから

最適な空き家管理代行サービスが見つかる!

相続した実家が誰も住まないので空き家のまま放置されている。海外への赴任や転勤のため一時的に空き家になってしまう。など様々な事情で空き家が増えていますが、 「人が住んでいなくても管理が必要」となった今、空き家管理代行サービスの活用は有効なものとなりました。 空き家管理代行サービスに求める管理は、持ち主によってまるで違います。

定期的に巡回して異常を確認するレベルから、郵便物の整理やゴミの清掃、植木や雑草の管理や 雨漏りや水漏れの管理、さらには外壁や外装の管理や部屋の換気や通気まで空き家の管理は多岐に渡ります。 空き家管理代行業者によって対応できるサービスや価格がまるで違うので、求めるサービスによって見積を取ることが大切です。

しかし実際に管理する物件は、実家であったり、現在の住まいから遠隔地であることが多いので管理業者を探す時も地域に対応できる空き家管理代行業者を探さなくてはなりません。 できれば数社から見積を取り寄せ料金や管理プランを比較して選ぶのが理想的です。

しかし手間もかかるし面倒くさいのも事実!でも、こんな方にお勧めしたいのが・・・

一括見積サービスです!

当サイトが紹介している空家管理の空き家管理費用比較君を使えば、 30秒程度で必要事項を入力するだけで複数の空き家管理会社より一括で管理プランと料金が提示されるます。 もちろん地域対応できる業者の見積ですから、それを比較することで、あなたに最適な空き家管理代行サービスが見つかります。ぜひお試しください。

空き家管理代行サービスの一括見積はコチラ

対応エリア

ページの先頭へ